JTRoom

マラソンと散歩とお弁当を中心に日々の事を綴ります。

カンボジア旅行記〜1〜波乱の幕開け

連休明けで、仕事がかなり億劫だった。昨日の朝帰国して、爆睡で次の日に仕事って、かなりハードスケジュールだった。しかも、月曜日からってのがしんどい‥

 
で、夏季休暇中にカンボジア旅行記をツラツラと書いていきま。お暇な方は読んで見てくれなのだ。
 
カンボジアへは、今回で二回目。一回目はちょうど10年前。10年一昔と言うけど、カンボジア事情も結構変わっていた。ま、旅行がしやすくなっていた。
 
今回も前回と一緒でカンボジアシェムリアップ満喫ツアー。専用車で行くプランなのだ。1組にガイドさんとドライバーが付いてくれて、好きな所に連れてってくれるのだ。
 
カンボジアへは直行便がないため、関空からベトナムホーチミンにて乗り継ぎし、シェムリアップへ移動。
 
12日の朝、はるかにて関空に向かう。カレンダー上では平日に当たるためか、お盆の大型連休にしている人ならちょうど真ん中になるためか、それ程関空は混んでいなかった。
 
ので、搭乗手続きから出国審査までスムーズに済ます事が出来た。JTBでラウンジのチケットを貰っていたので、ボーディング迄の時間をそこで過ごす。
 
f:id:jtu:20150817235849j:image
 
ホーチミン迄はベトナム航空シェムリアップへはカンボジア航空となる。ま、カンボジア航空はベトナム航空とのシェア便だから、どっちもベトナム航空の息がかかった所なのだ。
 
ホーチミンへは予定通りの出発。機内で本を読んだり、ゲームしたり、機内食食ったりしてたら、あっと言うまに5時間のフライト終了。
 

で、ホーチミンでトランジット。ゲート前でひたすら待つ。予定時間が過ぎても搭乗が始まらない。片言の英語で係員に理由を聞きに行くと、何故か怒って「飛行機のトラブル」だと言うばかり。何で待たされてる方が怒られるのか、分かんなくねぇ。
 
で、こっちより後に出発する隣のゲートのベトナム航空シェムリアップ行きの搭乗が開始される。後出発の方が先に行くと言うこの切なさ。わかる????
 
何て、感傷にふけってると片言の日本語で嫁さんの名前を呼ばれる。何や何やと駆け寄ると、カンボジア航空の出発の目処が立たないから、先程のベトナム航空に振り替えされるらしい。
 
で、何とかシェムリアップ行きの飛行機に搭乗する事が出来た。フライト時間は1時間ぐらいなので、すぐにカンボジアの地に降り立つ。
 
f:id:jtu:20150818001630j:image
 
入国審査も簡単に済ませて、カンボジアに入国!
 
が、ここでまたまた問題発生。待てど暮らせど荷物が出てこない。係員に聞くとカンボジア航空から振り替えの人の荷物は、次の便で来るらしい。はい、ロストバゲージ(T_T)
 
てか、人だけ乗せて荷物は送らんってどういう事やねん!
 
ロストバゲージの手続きもまたややこしい。片言の英語対片言の英語、纏まる話も纏まらんわい!結局、手続きだけで1時間ぐらいかかってしもた。
 
空港の出口で待っていたガイドさんに出会ったのは、予定時刻の3時間ぐらい過ぎた21頃になったのだ。よ〜待っててくれたわぁ。
 
荷物はホテルに送ってもらえるかも?ダメなら明日取りに来るわって事で、取り敢えず疲れたんでホテルへ向かう。
 
ガイドさんが交渉してくれて、荷物はホテルに届けてもらえる事になった。22時頃には着くだろうって事だったけど、結局着いたのは次の日の朝。
 
もう、波乱含みのカンボジア旅行の始まりになってしもたんだわ。