JTRoom

マラソンと散歩とお弁当を中心に日々の事を綴ります。

飛騨高山ウルトラレポ16~スーパーペーサーは連れて行きます

昨日は久しぶりの飲み会。遅くまで飲んでしまって帰るのが午前様になってしもた。

からのブログ更新作業ww。毎日更新は難しい。本当、皆さん凄いなぁと思う。

では、レポへ。
またまた内容がないので、時間のない方はこちらへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


公文書館エイドを出発。復活したロボッチとペースを上げて走り出す。キロ6分台、またまたプロ兄さんが付いてこれなくなった。が、やっぱり走る。実力からして絶対に追いついてくるだろうと予測していたから。ここは出来るだけ貯金した方がよい。

が、この辺りからロボッチの調子が急に下降線を辿った。どうも、飛騨牛とサイダーのせいみたい。あれだけ走れていたのに緩い上り坂でばったり足が止まった。貯金があるからまだ大丈夫。ゆるゆるとでも歩いてゴールを目指す。

ここで遅れていたプロ兄さんが追いついてきた。が、何と追い越して行ったではないか。

どうゆうこと??

先ほどまでのペースじゃ、追いつけないから。歩いてるときに自分のペースで先に進んでいくらしい。ん、それって昨年の駄吉林道での出来事と一緒じゃない?また三人でゴールできないんじゃない?不安はよぎったんだが、プロ兄さんは行ってしまった…

95km表示。 18:17通過。

残り5km、キロ8分で貯金が3分。緩い上り坂を上り切ってから再び走り出す。走っていれさえすれば、キロ8分は切れる。このまま最後のエイドをスルーして行こうと思ったが、飛騨牛で気持ち悪くなった口を洗いたいという事でエイド休憩を取る。

HPを急激に消費したロボッチ。走っては止まって歩く。そしてまた走る。歩きだけではゴールに間に合わない。

本当に調子が悪そうだ。でも、何とか時間内にゴールまで連れていきたい。昨年は出来なった3人でのゴール。ここまで来たのだから。

かなり無理させているのに、それでも必死に応えてくれた。何度も何度も「間に合う?」って聞かれた。「絶対に間に合う」「キロ8分でも貯金ある」って答えてた。

間に合うじゃなく、間に合わせるよ。それが、スーパーペーサー(笑)。

そして、三人でゴールする。が、いつまで経ってもプロ兄さんがいない。どこにいんねん!って二人で毒付いてた。で、プロ兄さんより先にサトさんが現れたww。

残り1km、残り9分。

最後のビッグアリーナまでの直線。サトさんか反対側で併走してくれる。踵が痛い中、本当に無理させてすみません。

ロボッチの目には光る宝石。ここまで色んな事があった。もう間に合う事は間違いない。無理もさせてしまったけど、ここまで付き合ってくれてありがとう。本当に楽しかった。

で、プロ兄さんは?

まだ現れないww。もっと手前にいてよww。

ゴール手前でプロ兄さんと合流。

三人でゴール。

最後は皆んなに笑顔で応える。

良かった〜最後に笑顔になれて。

こうして、飛騨高山ウルトラはこうして幕を閉じた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

あと、一回続きます。