JTRoom

マラソンと散歩とお弁当を中心に日々の事を綴ります。

飛騨高山ウルトラレポ6〜カクレハキャンプ場まで

◇◆◇◆レポ

今更ですが、腰が痛い、腰が痛いって言ってた割には走れとるやないかっ!って言うご意見、あったり、なかったり‥。

前日までコルセットを巻こうかどうしようかと迷っていた。自宅から持って来た物は大き目の物で走るのに適していない。高山でスポーツ用のコルセットを購入。でも、暑くなる事が予想できていたので、ドロップバックに預けて、丹生川支所までは我慢して走ろうと思ってた。

少し話は変わるが、今回ボトルポーチを新たに購入して臨んだ。初ウルトラの丹後でyurenikui を使用して自分に合わない事を実感。過去2回の飛騨高山では、とくしまマラソンの参加賞のボトルポーチを使用していた。

これだと使い方が変わって刺しているペットボトルが腕に当たって走りにくい。だから前に付けて走ってた。

今回は横型にしてみた。これだと後ろしか付けられない。かつ、揺れてしまうのでベルトをキツく締めるしかない。

ん?締め付けられて腹は苦しくなったが、腰の痛みが軽減した。コルセットと同じ役割をしてくれた。さすがに下りでは痛みが解消される事はなかったが、上りや平坦では気にならないレベルになった。

今度からこれで行こう!って思ったけど、後半、腹の痛みに悩まされる事になるorz。

道の駅ひだ朝日村を出発。ここからスキー場まではほぼ上り。途中30km手前のカクレハキャンプ場からは斜度も上がる。カクレハキャンプ場までは歩かないって決めた。

程なくしてサトさんとリンガンガーさんに追いつく。まさか4:45スタート組に追いつくとは思ってなかったので、撃沈Tと75Tって誰だろう??近づくまで本当に気付きませんでしたわ。上青地公民館までご一緒させて貰って、またキロ6キープで走り出す。

すると熊発見!
プーさんでした(笑)
プーさんと少しお話して先に進みます。

何かこの辺りで凄く疑問に思ってた事がある。何でこんな序盤から一生懸命走ってるんだろうって。めっちゃ頑張って走っても、まだ30km行ってないんだぞ。こんな坂キロ6で走って、後どうすんねん!

悪魔がすっごく話しかけて来たけど、何故か頑張っててたらカクレハキャンプ場に到着した。

火畑そばを食べて、またやる事なくて、例年なら高根こん太と写真を撮るんだけど、一人やし辞めた。そんなこんなで、また滞在時間1分ぐらい。今年はエイド休憩が本当に短い‥

30km通過:3:04:05
10kmラップ:1:02:31

タイムは理想通りの展開だわ



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村