JTRoom

猫、パン屋、ランがメインのブログ

飛騨高山ウルトラマラソン試走

Ciao!

※※※※※

既報の通り今年の飛騨高山ウルトラマラソンは前半のコースが変更になっています。どのようになっているのか確かめるべくコースを試走してきました。

その前に今回、例年の飛騨高山ウルトラマラソンと違う所は以下の通りです。(ちゃんとHP見ないと分かんないんですよね)

  • コースの前半部分が変更になってる。
  • コロナ対策検査パッケージにて抗原検査あり。追加で千円必要(代引で郵送)
  • 参加賞は後日郵送
  • 前日受付はなし
  • ドロップバックなし
  • セルフ給水

ドロップバックないんですよね。給食も今まで通りとは行かないから、ある程度持って走らないといけないね。

※※※※※

例年のコース図

今年のコース図

コース変更場所拡大

例年通っていたカクレハキャンプ場から駄吉林道、スキー場が無くなり、朝日村周回となって美女高原から岩滝公民館に向かうコースとなった。

美女高原から岩滝公民館へ向かう飛騨農園街道での最高地点は1010m(例年は1345m)となっている。

今回、美女高原スタートして、朝日村周回、岩滝公民館まで試走してきた(その後、折り返して美女高原まで戻ってくるのが、めっちゃ大変)。

美女高原スタート。

2019年は美女街道を通ったが、今年は例年通り美女高原を通るコースになっている。

例年通り美女高原から下るんだけど、下りきる前に左折して田んぼの横の細い道に入る。ちょっと道幅が狭い。この辺りではバラけて来ているから大丈夫なんじゃないかな?

ここから2019年のコース、りんりんファームを通りすぎ、折り返して県道87号線をひだ朝日村道の駅まで。多少のアップダウンはあるもののほぼ平坦から下り基調なので走り易くなってる。

道の駅からカクレハ高原キャンプ場へ向かうのはいつものコース。少しずつ上り基調になるが、その途中で左折して、美女高原の方へ折り返し。

ここもアップダウンはあるけれど、走れない上りは全然ない。朝日村周回は全て走れる所と思って問題ない。

そして、降りてきた美女高原への上り返し。九十九折りとなっていて、カーブでは勾配がキツくなってるんだけど、直線は走れない上りではない。

美女高原から岩滝公民館に行く新コース。前半に小さなアップダウンが3回あって、そこから本格的な上り。しかし、例年のスキー場への上りに比べたら全然マシ。距離も最後地点まで4kmぐらいなので頑張れば走って上れる。

最高地点から岩滝公民館までの下りは勾配が7.5%。スキー場からの下りが10%なので、それよりは緩い。丹後の碇高原の下りのイメージがしっくり来る。

最高地点から岩滝公民館までは約5km。1ヶ所、集落がある所で短い上りがあるが、後はずっと下り。

そして今回試走して一番厄介だったのがこの後。いつもならトンネル通って裏ボス峠だが、スキー場方面にダラダラとした上りが待っている。これ勢いよく下ってきた足だと結構来るよ。

で、このダラダラ上りが2kmぐらい続いて、折り返してさぁ下るかって所が、それよりキツい上りが約1km。だから岩滝公民館から歩いてしまうと3km歩くハメになる。結構な罠。

そして、2kmぐらいの下りでまた足をやられてから、トンネルの向こう側に出るんだけど、こっから裏ボス峠が待ってるんだよね。

例年のコースに比べて、朝日村周回から岩滝公民館までは走れるコースとなっています。岩滝公民館から距離調整的な5kmをどう乗り切るか、また裏ボス峠にどう繋げるかになると思う。

ここで頑張ってもまだ半分だからね。この後千光寺の坂も待ってるしね。

1回試走した事で、何となく先が分かってメンタルが耐えられるようになったと思う。ロボッチ、アテンドどうもありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村